RSS | ATOM | SEARCH
健康診断と運動習慣の大切さを知る

今年の春に住民健診を受けた際に

ヘモグロビンA1cの数値が6.8で
糖尿病の疑いがあると診断されました。
親族には糖尿病の人は無く、

学生時代からも柔道で鍛えた体と
体重の増減もなかったので驚いてしまいました。
「食べすぎと運動不足が原因ではないでか」

医師からも指摘され、早速、次の日から食生活の改善と

負荷をかけた自転車を漕ぐトレーニングを開始しました。


先日、血液検査したところ6.2まで数値が下がり

4か月継続した効果があり少し安心しました。
日頃、患者さんには健康診断と運動習慣の

大切さを指導していますが、私自身がその事を証明しました。
運動を継続することは大変ですが、

数値を下げる事を目標にすれば苦しくはありません。
私はまもなく、還暦を迎えますが数値を下げる事と

体力の衰えを防ぐためにトレーニングをしばらく続けようと思います。
来年の住民健診が待ち遠しいです。

 

中川接骨院

author:柔道一直線, category:家族の部屋, 10:12
-, -