RSS | ATOM | SEARCH
「高齢者のフレイルについての対策」の講演

(公社)県柔道整復師会高岡ブロック学術研修会が
開催されました。


 今年度は「高齢者のフレイルについての対策」と題して
中村記念病院 院長補佐 中村万理医師をお招きし

講演していただきました。
 "フレイル"とは「加齢により、心身の活力が徐々に低下した状態」

を表した言葉で社会とのつながりが減り、身体のささいな衰えが現れ、

やがては生活に困るほどの衰え状態へと進行する病態です。

 ただし、適切な対処を行うことで再び健常な体へと

戻れる状態でもあるのです。
 つまり、将来長く健康で過ごせるのか、寝たきりになるのかの

分岐点でもあるともいえます。
 そしてフレイルの対処法は、栄養・運動・社会参加が効果が高いそうです。
年齢を重ねてもフレイルにならない為に、私にできることは

日頃から患者さんには運動指導、そして自分には継続的な
運動とトレーニングだと思いました。

 

 中川接骨院

author:柔道一直線, category:朝の散歩, 11:50
-, -