RSS | ATOM | SEARCH
6月編集後記
編集後記
先日、中学校主催のPTA、部活動講師と教職員の
懇親会に出席しました。
当日開催された学校運動会の慰労も兼ねており、
約70名の参加者でした。にぎやかに行われたその席上で私に、
「これからの柔道部の活躍と期待について挨拶をしてください」、
と急にお願いされました。
 お酒もかなり飲んでいたこともあり、「柔道は教育です」と、
質問の答えになっていないような少々長い話をしてしまいました。
回りを見渡せば、神妙な顔の40歳前後の保護者の方と中学校の先生方。
そのときは、酔いもあり、やっちゃった感はなかったのですが、
翌日の朝目覚めともに、昨夜のことが思い出され、
歳いった方が余計な話で長くなり、
嫌われるってこの事だと自己嫌悪に陥りました。
出席した人が、忘れていることを願います。
しかしながら、参加者の中で校長先生しか
年上がいないことに少し寂しく、時代の流れを感じました。
 
author:柔道一直線, category:あとがき, 09:43
-, -